山梨県産ワイン統一マーク
17/Nov./2006

c0082448_6254515.jpg山梨県ワイン酒造組合は、2001年に「山梨県産ワイン統一マーク」を制定しています。

山梨県産ぶどう100%使用で、組合の品質検査に合格したものに、表示することができます。

http://www.wine.or.jp/wands/2002/4/nippon.html

その山梨県ワイン酒造組合が主催する山梨県産ワイン試飲商談会が、来る11月29日に、甲府市の湯村常磐ホテルで開催されます。
東京では毎年開催しているそうですが、山梨で開催されるのは始めてとのこと。
早速参加して参りたいと思います。
後日、山梨県産ワイン試飲商談会の写真をどこかにアップしたいと思います。
[PR]
# by calbrain | 2006-11-17 06:10
「風林火山」館
17/Nov./2006

c0082448_9453872.jpg来年のNHK大河ドラマが「風林火山」ということで、山梨県北杜市に「風林火山館」が建てられ、ロケに使用されました。すでにロケは終了し、今年9月7日より一般に開放されています。

建物は、時代考証に基づき、武田信玄の躑躅が崎の館を見事に再現しているとのこと。
また、館内には16の地元名産品店が出店しています。
[PR]
# by calbrain | 2006-11-17 06:08
甲州台ヶ原宿
9/Nov./2006

c0082448_72532100.jpg台ヶ原宿は江戸時代に栄えた旧甲州街道の宿場町です。
江戸と長野方面を結ぶ、交通の要所として栄え、昭和61年に日本の道百選に選ばれています。
[PR]
# by calbrain | 2006-11-09 07:18
碁石金をもとに整備されていった甲州金の貨幣制度
6/Nov./2006

c0082448_18415620.jpg戦国時代、甲斐の国は、鶏冠山の黒川金山、下部の湯之奥金山を筆頭に、多くの金を産出する地でした。武田信玄はこの豊富な甲州金を小さな塊状の「碁石金」にして、家臣に恩賞として与えていました。この碁石金をもとに甲州金の貨幣制度が整備されていき、後の江戸時代の貨幣制度のルーツになったといわれています。
小野光一「金精軒」@白州台ヶ原の武田二十四將「碁石金まんじゅう」は、こんなエピソードを持つ甲州の文化を映しています。
[PR]
# by calbrain | 2006-11-06 18:19
臨済宗妙心寺派 乾徳山「恵林寺」
12/Sep./2006

c0082448_9514031.jpg恵林寺は、武田信玄の菩提寺であり、快川和尚が「心頭滅却すれば火も自ずから涼し」という言葉を残したことでも有名。織田軍の焼き討ちにあったとき唱えた言葉で、今では山門に書かれている。
裏手の庭園は国指定の名勝で、上段が枯山水、下段が心字池と築山の二段構えの池泉回遊式庭園になっている。
[PR]
# by calbrain | 2006-09-12 18:01
富士山湧水バナジウム水
29/Aug./2006

c0082448_18541374.jpgインスリンと似たような働きをすることから、糖尿病治療に役立つのではないかと注目されているのがバナジウム。富士山麓の湧水には、多くのバナジウムが含まれていることが確認されている。

富士山麓の地殻はバナジウムを多く含む玄武岩からなる。雨水や雪解け水は、幾重にも重なる玄武岩の層をくぐって、岩石に含まれるバナジウムを吸収する。ここに至るまで、何十年という月日を要するのである。

戸塚治夫@上野原の天然醸造純粋米酢は、この富士山湧水バナジウム水を、富士山の北麗に位置する山梨県富士吉田市まで汲みに行き、酢の仕込み水として使用しています。
[PR]
# by calbrain | 2006-08-29 18:55
日本三奇橋 名勝「猿橋」
25/Aug./2006

c0082448_111336.jpg山梨県大月市を流れる桂川に架かる橋で、日本三奇橋の一つとして知られている。作られた時代は定かではないが、鎌倉時代には既に存在したと考えられている。奈良時代に百済の造園師が設計したという伝説もある。

猿橋が日本三奇橋として知られるようになったのは、江戸時代のことである。奇橋と呼ばれる所以は、橋の構造にある。橋桁を用いることができない深い谷に橋を架ける場合、吊り橋という方法をとるのが一般的だが、猿橋の場合は刎橋(はねばし)という構造なのである。遥か下の展望台から見上げる猿橋には、橋桁が無いにも関わらず重厚な安定感、構造美を感じる。
[PR]
# by calbrain | 2006-08-25 11:03
八ヶ岳の神話
18/Aug./2006

c0082448_1939173.jpg八ヶ岳は山梨県と長野県の県境に位置する、南北約30kmの山体で、日本100名山のひとつ。

そんな八ヶ岳には、地元の人なら小学生でも知っているというくらい親しまれている神話が伝えられている。
遥か昔、八ヶ岳と富士山は、どちらが高いか勝負することになった。長い筒を互いの頂上に架け、中央から水を流すと水は、富士山の方に流れていった。勝負に負けた富士山は悔しさのあまり、その筒で八ヶ岳を叩き割ってしまった。

こうして八ヶ岳は、現在のような八つに割れた姿になったのだという。

霊峰富士に真っ赤な夕日が映え、ふと振り返ると白銀の八ヶ岳にほんのりと茜が差す。こんな風景が望めるのは、山梨県だけかもしれない。まるで太古の名勝負が今終わったかのような、雄大な気持ちにさせてくれる風景なのである。
[PR]
# by calbrain | 2006-08-18 19:40
純米酢(純粋米酢)
17/Aug./2006

c0082448_11172374.jpg食酢は、その醸造法によって醸造酢と合成酢に分類される。
醸造酢はさらに穀物酢と果実酢、それ以外の醸造酢に分けられ、穀物酢の中でも米の使用量が1リットル中40グラム以上のものは、米酢に分類される。
そして同じ米酢でも、米100%で造ったものだけが純米酢(純粋米酢)を名乗ることができる。
しかし実は、米だけで食酢を作るには1リットル中に200グラム以上の米が必要である。酸度は、酢になる前の酒のアルコール度数に依存し、アルコール度数は米の使用量に依存するためである。

一般的に大量生産される醸造酢は、足りない酸度を工業的なアルコールによってまかなっている。
このように米の使用量の少ない酢も、米だけで造った酢も、現行の表示制度では同じ醸造酢に分類されてしまうのである。

表示上は同じ醸造酢だが、そのまろやかな味わいと芳醇な香りは、米だけで造った純米酢(純粋米酢)ならではのものだ。
[PR]
# by calbrain | 2006-08-17 11:16
屈折糖度計(ブリックス糖度計)
20/Jul./2006

c0082448_95633.jpg■普通の果実農家では、左写真のような屈折糖度計で果実の糖度を測定する。

■ワニの口のような先端の斜めになった部分に長方形の枠があるが、ここがプリズム面になっている。
このプリズム面に果汁を1〜2滴たらして、半透明のカバーをする。

■プリズム面を明るい方に向けて、反対側の接眼鏡をのぞくと、円の中に丁度1mm刻みのプラスチックの定規をタテにしたような目盛りが見える。
10目盛り間隔で、10、20、30、の数字があり、垂らした果汁の屈折率により、色が薄くついた部分と白い部分の境界線が横に一直線に見える。

■その境界線が示す数字がその果汁の糖度にあたる、ということだ。

■因みに、ブリックスは19世紀ドイツの発明家。
[PR]
# by calbrain | 2006-07-20 10:21








その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧